読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017-03-16 (15回目)(パーティ)

ほぼ毎週ある、定例カラオケ。パーティプレイです。3時間程度。

6人もいて、うたプリやSideMなどの共通性がなかったので、それぞれがソロを歌って、それを流してという繰り返しだったので、一人あたり30分程度、6曲程度で終わりが来た感じ。これがうたプリだったら、12曲にも18曲にもなるので、やはりソロの積み重ねは物足りないかんじがするものですね。

私としては歌手やジャンルをかなり絞った、限定カラオケのほうが肌に合うなって感じました。

あと、ひとつの曲を、別の視点で、別の人が歌ったりするのが好きなので、やはり見知った曲を聞くほうがいいですね。

 

2017-03-05 (14回目)(デュオ)

水曜日ですが、おやすみしてカラオケいってきました。デュオ、5時間程度。

うたプリ中心に、練習しといたLiSAをちょいちょい挟んだり。5時間デュオでやったわりにはあんまり覚えてないかな?(これを書いてるのは17日)

 

2017-03-05 (13回目)(ソロ)

3/8にカラオケデュオがあるのでその練習にいってきました。4時間27分。

体調はまずまず。LiSAをおすすめしたかったので、LiSA中心に練習。

最終的にベストな感じにおもったセトリはこれ。

  1. アコガレ望遠鏡
  2. say my nameの片思い
  3. L.miranic
  4. Bad sweet trap
  5. Egoistic shooter
  6. シルシ
  7. BRiGHT FLiGHT
  8. best day, best way

シルシ」は速度を落とすと情感がでて良い感じでした。でもこれをデュオカラオケや、パーティカラオケでやるのは難しいところ。ソロだけの楽しみってことかなあ。こういう歌い上げる曲って、いまいち盛り上がんないですよね。ファンでもないかぎり。

 

広告を非表示にする

2017-02-25 (12回目)(パーティ) ぎりぎり声がでるの巻

大人数で歌ってきました。5時間ぐらい。

さいしょ1時間は声があまりでなみ

準備体操もそれなりにしていったんですが、さいしょの1時間は声の出が悪く、ややかすれ気味、音程も鈍いかんじでした。やはり柔軟体操と発声練習は念入りにしなくちゃあいけない。最低でも15分程度はアレコレしてからじゃないとほんちゃんの声は出ないんですね。たぶん「Crossing Field」とかそれに似た歌から入ったんですけど、あんまよくない入り方ですね。

1時間目以降は調子良くなる

激しくジャンプしたりして身体も温まってきたし、コーラスいれたりして喉もうごくようになってから、音程もとれるようになったし、声も伸びるかんじになりました。この1時間というあいだ、不調な状態でいなくてはいけないので、たいがいのカラオケ集まりだとみんなが全力でがんばっちゃってバテ気味を感じる時間帯なわけですよねえ。

3時間目からみんなの元気がなくなる

私以外の元気がなくなってジャンプもしなくなるし、他の人の声が途切れがちになる。なんか寂しいかんじ……

5時間してみて足りなみがある

10人程度で5時間なので、ひとりあたり30分程度しか歌うチャンスがなく、コーラスいれても90分程度しか歌ってない。全然たりなくて消化不良なかんじ。

みんなもっとコーラスしよう!

ふつうの曲はBメロやサビに三度のコーラス(ハモり)が入ることが多いので、とりあえずそれやっとけば大丈夫! 上のハモりか、下のハモりかぐらいはかんたんに覚えられるので、みんなコーラスしてほしいです。

ジャンプしよう!

カラオケだからってジャンプしちゃダメってことはない! むしろジャンプしたほうが楽しい! 頭には注意しよう!

ヘドバンしよう!

すると楽しい!

 

2017-02-24 (11回目)(パーティ) 声が出るの巻

19日に病院にいってから、4日間も何も歌わず、そろそろいいだろうということでパーティカラオケしてきました。3時間。

声が出る!

シルシ」で90点とるぐらいには回復しました。おくすりの力ってすごい! 「声がでない!」と思ったら病院にいくの大事だし、必要とあらば声帯を直接見るのも大事だし、歌って生きていくのなら、歌を出すための器官を大事にしていったほうがいいですよね。腕や目と違って、声帯はひとつしかないから、とにかく大事に使っていかないといけない。

100%回復はしてなかった

病院にいった日も含めて5日間、歌や音楽と離れて暮らしたんですけれど、100%まで回復はしていなかったです。これを書いている現在も喉の違和感があるし、異物感があるし、細かい表現力が失われた、大雑把なかんじになっている気がしてます。

もっともっと休ませてあげないとアカン。

お風呂の時間が音楽の時間

普段はお風呂に1時間弱入るんですけど、そのときに毎回お風呂セトリを1ループ聞くんです。たとえば「RISING HOPE」から始まって、二回目の「RISING HOPE」がでてきたらお風呂から上がる時間だぞ、という感じですね。

お風呂の中では実際に歌ったり、そうでなくても音取りしたりしていて、常に声帯が緊張している状態にあります。声帯が出せる音はごくごく限られているので、無音に聞こえても声帯をパワフルに使っていることもあるかもしれない。そうやって声帯のスタミナを奪わないように、喉を休ませている間、無音でお風呂に入ることにしました。

かなり辛かったので毎日10分ぐらいであがることになったし、もう二度と音楽のないお風呂なんてごめんだ。

仕事の時間も音楽の時間

お仕事してる最中はヘッドフォンしてるんですけど、それもまた半分歌ってる感じになって喉に悪いので、なるべく音楽聞かないようにしてました。仕事があんまりすすまないけど、喉のためにはしょうがない。喉だいじ。

声がでるっていいね

という地獄の日々を過ごし、声がでるようになって、はじめて声がでるありがたさを感じました。好きな音が好きなだけだせるし、好きなだけ伸ばせるし、好きなだけスタッカートできるのはとてもありがたいことです。声がでるっていいね、音楽っていいねって思ったのでした。

このブログは「歌をうまくなる!」っていうのが目的なんですけど、そもそも歌えない人生になっちゃうとブログの存在価値がなくなっちゃうので(私の存在価値もなくなっちゃうけど)、それは避けたいところですね。

 

2017-02-18 (10回目)(ソロ) 声がやばいの巻

16日に喉の調子がおかしかったので、どのぐらいおかしくなっているのか1時間だけ歌いました。土曜日のことです。

まともに声がでない

結果、音域が半分ぐらいになり、低音も高音もでないという始末。LiSA「シルシ」なんかがでないのはもちろん、音域の狭い曲ですらまっとうに歌えないしまつ。ガラガラ声というわけでもなく、ただたんに声がでない、ただの音がでているという感じでした。深みをだしたり、高音を強調したりというニュアンスの表現もできない。

「say my nameの片想い」が78点、「IGNITE」は68点、「恋桜」は93点と、高い方面で全滅の様子。「恋桜」についての低いところはもともとでていないのでこういうものかも。

後日、病院いった

とてもとても怖くて、日曜日は鬱々としてやりすごし、月曜日に病院にいってきました。人生初の喉に内視鏡をいれて録画してもらえました。そんで見てみると、①声帯が普通の色じゃなかった、②声帯のまわりに痰がついていて異物感になっている、の二点が問題でした。

喉にやたら異物感を感じるんですね。腫れてるような、息苦しいような、喉にものをいれているような。慢性的な副鼻腔炎をもっているので、それの影響は強いんですけれど、とにかく今回はおくすりでなんとかすることに。

あとは服薬しながら様子見、大きな声をださず、歌わず、無理をせず、のど飴を舐めながら安静にすることにしました。

エイルやLiSAを歌えない人生なんてマジで意味ない。

 

2017-02-16 (9回目)(パーティ)

SideMライヴ2日目のセトリを一通りうたい、あとは各自でそれなりに歌う感じでした。LiSA「シルシ」を歌ってみたんですけれど、音が伸びないし、声もでないし、かなり今ひとつでした。歌い上げる曲だと、事前の体操なんかをやっておかないと面白くない結果になりそう。

最近は仕事が忙しすぎてソロ活動できてないので、そのうちソロ再開したいなと思ってます。