2017-01-09 (2回目)

フリータイム4時間37分やってきました。

今回は音域を調べたり、音色の調子を見てきました。

音域

DAMによる曲ごとの音域一覧です。よく歌う曲だけまとめてみました。

f:id:torches-and-trinkets:20170109225913p:plain

一番広かったのが「EGOiSTIC SHOOTER」「L. Miranic」でした。両方とも下のほうに要求され、普段の話し声よりも下から始まったりするので、2オクターブになっちゃうんですね。でも、ごく普通に高いところしか問題にならないから、そっち方面に広い音域を求められても問題なさそう。

「EGOiSTIC SHOOTER」が単発で高い音を求めるのに対し、藍井エイルIGNITE」は常時高い音を必要とするので、スタミナ消費量ではエイル曲のほうが多いかんじ。

最高音がE♭の曲ならそれなりに安定、最高音がEの場合には体調次第で無理、という状態です。今年はこれを「いつもEを歌えて、体調がよければF♭もいける」になると良いかなと思っています。

あとよく「宮野真守をキー4つあげたら女性の歌になる」っていうのがありますけれど、LiSAとのキー差が3~4なので、まさにバッチリそれに当てはまる具合ですね。

音取り

かなり低い楽曲、松任谷由実やさしさに包まれたなら」を3回歌ってみました。それぞれ、キー+0、+2、+4で歌ってみて、どういった評価をDAMが下すのかという実験です。結果、どれも大差なく、似たような評価でした(音程正解率84%程度)。これで分かるのはキーが高すぎて出したい音が出せないというのではなく、そもそも聞こえている音が間違っているか、間違って記憶してしまっているというように思いました。より真剣にメロディを覚えないといけないし、DAMが気に合うようなメロディラインで再現する必要があります。ライヴ盤を聞き込みすぎると、本来のメロディがどこにあるか忘れちゃうので要注意だなと思いました。

総じて音取りができていないという印象でした。

ハイトーンのロング

10曲ぐらい歌ったとき、ハイトーンのロングトーンが出しづらくなったので、そういうのに注意していきたいです。たぶん、飲み物が良くないのと、もう少し休みながら歌ったほうが良さそう。舐めプして紅茶飲んだりしたらアカンのだと思います。

耳の問題

前回は問題になっていた、「左耳内でのノイズ」は今回はありませんでした! 格別に体調が良いというわけでもなかったのに!

 

広告を非表示にする