2017-02-18 (10回目)(ソロ) 声がやばいの巻

16日に喉の調子がおかしかったので、どのぐらいおかしくなっているのか1時間だけ歌いました。土曜日のことです。

まともに声がでない

結果、音域が半分ぐらいになり、低音も高音もでないという始末。LiSA「シルシ」なんかがでないのはもちろん、音域の狭い曲ですらまっとうに歌えないしまつ。ガラガラ声というわけでもなく、ただたんに声がでない、ただの音がでているという感じでした。深みをだしたり、高音を強調したりというニュアンスの表現もできない。

「say my nameの片想い」が78点、「IGNITE」は68点、「恋桜」は93点と、高い方面で全滅の様子。「恋桜」についての低いところはもともとでていないのでこういうものかも。

後日、病院いった

とてもとても怖くて、日曜日は鬱々としてやりすごし、月曜日に病院にいってきました。人生初の喉に内視鏡をいれて録画してもらえました。そんで見てみると、①声帯が普通の色じゃなかった、②声帯のまわりに痰がついていて異物感になっている、の二点が問題でした。

喉にやたら異物感を感じるんですね。腫れてるような、息苦しいような、喉にものをいれているような。慢性的な副鼻腔炎をもっているので、それの影響は強いんですけれど、とにかく今回はおくすりでなんとかすることに。

あとは服薬しながら様子見、大きな声をださず、歌わず、無理をせず、のど飴を舐めながら安静にすることにしました。

エイルやLiSAを歌えない人生なんてマジで意味ない。